茨城で注文住宅を建築してくれる評判の工務店ランキングをご紹介!【相場や口コミなど情報も掲載】

将来のことを考えてバリアフリーの注文住宅を建てよう

注文住宅ならバリアフリー住宅が作りやすいでしょうか?

昨今は高齢者が増えてきており、自宅であっても予想外のケガをすることがあります。

可能な限りケガをしないような住宅仕様にしたいとなれば、どんな点に注意をすればよいか見ていきましょう。

バリアフリー住宅のニーズが高まっています

少子高齢化の影響にて高齢者と呼ばれる年齢層が増加してきています。

高齢者になると家の中でちょっとした段差につまずいたり滑って転倒するなど、健常者では想像できないようなちょっとしたことで、大きなケガにつながる可能性があります。

このように自宅における高齢者の転倒は無縁ではなく、誰にでも起こり得るものであることをまず認識すべきです。

転倒して骨折すると、体力を消耗し寝たきりになることもあり被害は甚大です。

そこで可能な限りトラブルの発生を未然に防止するためにも、バリアフリー住宅のニーズの必要性が過去と比較してもより高まっています。

例えば、健常者であっても高齢になると、若い時と比べて動きが鈍くなっていますので、段差がなくフラットな床で生活できることが求められます。

また手すりの設置など様々なポイントで要望があります。

さらに車椅子の方であれば、なおさら室内における移動や過ごしやすさに注目が集まります。

バリアフリーを考慮した家とそうでない家とは

もし今すぐに高齢者用住宅にする予定がなくても、注文住宅であれば詳細な箇所にあらかじめ高齢者向けの工夫を施しておくことが可能です。

なぜならその後のライフスタイルの変化によって、いずれ段差のない床や手すりの装着など高齢者向けにリフォームする必要が出てくるからです。

最初から考慮されている家は工事がやりやすいですし、かかる費用を押さえることができて便利です。

いずれリフォームで対応する予定で建てた家と、そうでない家では顕著な差が出てしまうからです。

したがって、家を建てようとする際には、10年、20年後の高齢者を含めた家族構成や利用状況を想定した設計にすべきです。

高齢者の転倒は決して無縁なことではなく、ちょっとしたことで転倒やその他のケガに繋がりますので、配慮しすぎることはありません。

しかも家族構成によってどんな工事をすべきか個別に異なってきます。

そのため家族の意向が反映されやすい住宅が最適であることが分かるでしょう。

注文住宅でバリアフリー住宅を作るポイント

生活空間を考慮して様々なポイントが考えられますが、家族構成やライフスタイル等、個々の情家によって住宅に求める仕様が違ってきます。

そこで、一般的に多くあり得る一例をあげていきますので、今後本格的に高齢者向けの住宅を建築する予定のある方は、特に参考にしてください。

その一つは、高齢者や障害者が室内を移動する際に、段差がないことです。

杖や車椅子で移動する方は、なおさら気になるポイントです。たとえ障害者がいなくても骨折などで一時的に車椅子を使う羽目になって場合においても、とても役立つ環境であると言えるでしょう。

さらに生活空間における動線を、しっかりと見極めることも大切です。

例えば、寝室からトイレに移動する負担を軽減するために近くに配置することや、車椅子の利用を考慮して広めに作ることが求められます。

特に車椅子は、旋回したり移乗するために広めの空間が必要となります。

健常者からは見ると不要と思えるかもしれませんが、想像以上に広いスペースが必要であることが分かります。

したがって、高齢者もしくは障害者目線の住宅仕様を検討する必要があります。

高齢者や障害者など室内の移動や利用の際に、健常者に比べて転倒やケガのリスクがあることを知りました。

自宅におけるちょっとした段差だけでも大怪我する可能性がありますので、バリアフリー住宅にすることが望ましいと言えます。

それには注文住宅が適しており、すぐに高齢者向けに住宅を設計する場合ではなくても、いずれリフォームするときを考慮して工夫を施しておくことをお勧めします。

リフォームの手間やコストを安くできるからです。

設計のポイントは個々の家庭の事情により仕様が違ってきますが、いずれも高齢者及び障害者目線で見ていくことが大切です。

例えば、段差がないことやトイレ周辺は広めのスペースにしておくことです。