茨城で注文住宅を建築してくれる評判の工務店ランキングをご紹介!【相場や口コミなど情報も掲載】

茨城県で注文住宅を建てると費用はどれぐらいかかる?

注文住宅は外観や設計などを自分の希望通りに実現できる家です。実現できる構造が幅広いのが魅力ですが、その分手間・費用が掛かってきます。一生に一度の大きな買い物なので家族や設計士とじっくり話を重ねて決めていきましょう。また、家だけでなく土地選びも家づくりの一つとなります。土地は早めに売り切れることも多いので、なるべくスピーディーに決めたいところです。

デザイン性の高い新しい住宅です

自分の家を買うときは建売住宅と注文住宅から選ぶことになります。 建売住宅は購入の時点で既に家そのものが建っており契約後すぐに入居できます。土地と住宅がセットなので事前に見学可能です。 販売を行うハウスメーカーは広い土地に複数の家を建てるケースがほとんどです。以前は建売住宅が多かったですが最近では注文住宅を選ぶ人も増えています。

注文住宅では設計を建築士に依頼し、建設してもらいます。設計から建設を一貫して同じ会社がする場合もありますが、設計と施工は別々の会社です。また、土地選びも自分で行わないといけません。メリットはやはり自由度の高さにあります。自分の希望に沿った家を作るのでアイデアを反映させることができます。デザイン面だけでなく、自分の家族に合わせた便利な構造も可能です。希望を叶えるために色々と考えられるのが大きな魅力です。

限られた予算の範囲でどう決めていくか

設計士と相談して土地も決まれば早速施工に入ります。完成前にそのプロセスを自由に見られるのも便利な点です。ただし、注文住宅は建売住宅に比べて費用や家が建つ手間がかかる点を考慮しないといけません。また、予算の制約により全部の希望を叶えることができないときもあります。

しかし、予算に合わせてプランを調整することも可能です。どこかで予算をオーバーしそうになったら、お金をかける部分とかけない部分を選択します。キッチンやお風呂に予算をかけるならその分壁紙を手ごろな価格にすることが可能です。他にも家具や建具にこだわる代わりに外観のコストを下げるということもできます。自分がどの部分にこだわりたいか優先順位を決めるといいでしょう。

契約時に発生するのが住宅ローンです。近年の金利は1%前後と非常に低金利になっています。以前はもっと金利がかかっていた時代があるのでそれほど心配する必要はありません。

複数回にわたって費用を支払います

住宅を購入する前にまずは土地のための資金が必要です。やはり公共交通機関が近い良アクセスの土地や人気のエリアは価格が高くなります。郊外に出れば価格は比較的安くなります。人気のエリアだと安くても200万円台、中には1000万円を超える土地もあります。人気だと買い手が見つかるので、迷って遅れてしまわないよう注意してください。土地の条件によっては希望する広さが確保できないこともあります。家の規模にこだわりを持つならその点を配慮して土地を絞りましょう。

家の資金は契約時の手付金・着工金・中間金・引き渡し時と数回に分けて支払います。着工金・中間金をまかなえなかったり、土地と建物で2本のローンになれば短期のローンも利用できます。複数回の支払いはどうするか施工会社や土地の仲介会社と打ち合わせしておきましょう。情報収集から入居までを含めるとかかる期間は約1年です。家の着工から引き渡しまでは大体4か月となるでしょう。

どんな家にも対応するメリットがある一方で費用が高めとなります。土地も人気のエリアであれば価格が高くなるので資金は余裕をもって用意しましょう。家は全ての部分をこだわれば簡単に予算オーバーしてしまいます。無理のない予算の範囲で設定し、こだわる部分とそうでない部分を明確にしましょう。施行から入居まで手間がかかりますが、希望の家が完成した時の感動もひとしおです。