茨城で注文住宅を建築してくれる評判の工務店ランキングをご紹介!【相場や口コミなど情報も掲載】

災害対策がしっかりされた注文住宅を建てよう

住居を購入する時に考えたいのが災害への備えです。

地震に巻き込まれた時は被害が大きくなりやすく、火災など日常で起こることでも対策ができているのと違うのとでは被害の規模が大きく変わります。

多大な損失にしないためにできることをしていきましょう。

 

被害軽減を考えることも大切な対策

大きな地震が起こることが増えたため、注文住宅を購入する際は不測の被害の軽減を踏まえることが重要と言えます。

備えが必要な状況は一つではなく、地震以外にも火災や騒音など生活を脅かす要素はたくさんあるため、キチンと専門家の話を聞いて行う方が好ましいです。

茨城県で住居を建てる時は、建築を請け負う企業に対策の意見を聞いてみましょう。

火災や地震に強い家を紹介してくれるので、それをもとに対策の方針を考えられます。

また、建築を行う場所の周辺の把握も大事です。

例えば塀や電柱の多い場所に住居を建てる場合、地震の際にそれらが倒壊する可能性があり、外的余韻による損傷が否めません。

建築様式や環境などから購入前に被害軽減を考えることが、最も効果的な対策になります。

 

地震のほか火災や騒音にも強い家を

被害が大きくなりやすい地震ですが、適切に対策することによってかなり抑えられます。

もし、これから建てるなら住居の重さをできるだけ軽くすることを考えてみましょう。

阪神・淡路大震災の時はコンクリート造の家は倒壊したのに木造の家は倒れなかったというケースがあります。

住居が重いと重心の位置が下になりやすく、上部が揺れによって大きくあおられるため柱にかかる負担が大きくなります。

そのせいで倒壊を起こしやすいのです。

この影響は背が高い住居ほど強くなるため、地震対策をしっかりさせたいなら「縦長でコンクリート造」などはやめた方がいいでしょう。

また、広い部屋を無理に作ることもできるだけ避けます。

部屋が広くなると柱の本数が少なくなるため、揺れに耐えることが難しくなるからです。

縦長でもビルがあまり倒れないのは小さい部屋が多いためで、その分支える柱が多いからです。

問題ない範囲で壁や柱を多くすると、より万全になります。

地震だけでなく多様な被害に備えた様式にすると被害軽減の水準がより高くなります。

例えば壁を燃えにくい素材にすると、火災が起きても燃え広がりにくくなり、全焼を防ぎやすくなります。

防音性能があれば、近くで工事が始まってもほとんど気にならなくなるでしょう。

構造や壁の材質などを入念に話し合うことが大切です。

 

予算の見積もりや経費管理は慎重に

可能性があるならできる限りしておきたい災害対策ですが、予算オーバーにならないように注意が必要です。

茨城県の建築業者の中にはオプション扱いにしているところもあり、必要だからとあれもこれもと購入していてはその分出費が大きくなります。

住宅ローンで賄っても返済額が増えることになるため、予算の範囲内にすることが大切です。

そのためには建築業者の比較はもちろんのこと、受けるサービス全体を見直すといいでしょう。

例えば火災の損失はお金で賄えるなら、注文住宅は地震と騒音の対策をメインにしてローンのオプションで火災に備えるという具合です。

取り返しが難しそうなところを重点的に対策するのがポイントです。

建築した後でできる対策もあるので絶対に必要な分だけにしましょう。

 

注文住宅の災害対策は、購入前から始めることが必要です。電柱の倒壊など場所的な不利益や構造による倒壊リスクなど、建てた後で変えられないことが結構あるためです。

ローンのオプションなどでの費用効率の向上や建築後にできる対策なども含め、効果的な災害対策には考えることが多くあります。

一度でも災害になれば被害が出ることは免れないため、建築業者のアドバイスなどの専門的な話を参考にしつつ、災害被害の軽減から対策を考えましょう。

 

サイト内検索