茨城で注文住宅を建築してくれる評判の工務店ランキングをご紹介!【相場や口コミなど情報も掲載】

注文住宅を建てたい!業者に依頼するまでの流れは?

新築で住宅を建てる予定だけれどこれまで家を建てたことがないので、どんなことから手をつければいいか分からないという人は多いです。今回は注文住宅を建てるための計画を立てて、業者に契約するまでの流れを説明します。理想の住まいを実現したいなら、建築会社と契約するまでの手順をしっかりと把握することが大切です。

まずは資金計画を立ててから理想の住宅を考えよう

理想の注文住宅を建てたいと思ったら、まずは資金計画を練っていくことになります。これは準備できる資金を決めずにいきなり住宅の規模や設備を考えると、資金が際限なく膨らんでしまう可能性があるためです。また、資金計画を立てずにいきなり住宅展示場をめぐったり資料請求をしても、時間を無駄に費やしてしまう可能性が高いです。そのため、最初に自己資金がどのくらい用意できて、無理せずに返済できる借入額はどのくらいなのかを計算しておきましょう。

注文住宅を建てるための予算がどのくらい必要がわかったら、次は住みたい住宅のイメージを具体的なものにしていきます。どのような暮らしをしたいのか理想の生活をイメージしてみるが大事です。今住んでいるところの不満点をまとめるのも、住みたい家をイメージしやすいです。

住宅の情報が掲載されている雑誌やホームページを参考にして、必要な設備や間取りを決めるとよいです。また、収納スペースの充実度や災害対策などどんなポイントを重視して住宅をつくりたいかも考えておくと、プランニングがよりスムーズに進められます。

建築会社を調べて相見積もりを行う

建てたい家をイメージできたら、次は建築会社を探しましょう。建築会社に関する情報を集めるなら、情報誌やホームページを利用すると調べやすいです。どんなことが得意な会社なのか、施工例などをチェックしてみましょう。ランキングなどで建築会社の情報をまとめているサイトを利用すると、自分が住んでいるところにどんな会社があるか簡単に把握することができます。

次に興味がある建築会社を絞ることができれば資料請求をして、より具体的な情報を調べ展示場にも行きましょう。使いたいと思っている素材の特徴や質感、部屋の雰囲気など資料をみただけでは分からないことに気付けます。建築会社によっては工事をしている現場を見学できたり、できあがった住宅をみられる完成見学会なども実施しているので足を運びましょう。外観や室内のインテリアに関しても、ある程度方向性を決めましょう。

気に入った建築会社がいくつか見つかった後は、見積もりを頼みます。何社も見積もりをするのは大変なので、複数の会社にまとめて依頼できる相見積もりが一般的です。同じ条件を候補となっている会社に伝えて、複数の見積もりを集めてから比較する方法です。

依頼する業者を決めて契約を結ぶまでの流れ

候補になっている建築会社の見積もりを比べて、依頼する場所を決めたら本見積もりと本設計を作ります。契約をした後に変更すると予算をオーバーしやすいので、諸費用や付帯工事費の見積もりを受け取ったら金額と内容をしっかり確認するのが大切なポイントです。

予算が足りない場合はコストを調整するために、設備や素材をグレードダウンさせることも考えましょう。契約の際は詳細な設計図や仕様書ができるので、細かく確認した後に問題がなければ間取りプランは完成です。本見積もりと工事の内容の最終的な確認をして、コストの問題がなければ工事請負契約は結ばれます。

今回説明したように理想の住宅を完成させるためには、依頼するまでに様々なことを決めておく必要があります。特に資金計画は、将来のことも考えながら決めていくことが重要です。住宅を建築した後も火災保険料といった諸費用は発生するので、ライフプランと十分に照らし合わせて計画を立てていきましょう。