茨城で注文住宅を建築してくれる評判の工務店ランキングをご紹介!【相場や口コミなど情報も掲載】

注文住宅は打ち合わせをしっかりしよう


一生に一度の大きな買い物と言える注文住宅の建築を成功させるには、住宅会社との打ち合わせを綿密に行うことが大切です。
具体的にはどんな点に注意すれば良いのでしょうか。
また後悔することのない家作りのポイントについても触れていきますので参考にしてください。

 

注文住宅の打ち合わせは重要です

一般の方にとっては、家づくりは何回もできるものではなく、一生に一度という方も多くいます。ですからできるだけ施工主の意向に沿った仕様にしたい、という気持ちも分からなくはありません。しかし、希望や要望だけを押し付けてしまっては素人が考えた家となってしまいますし、施工会社が一方的に作ってしまっては施工主の思いが反映されない家となってしまいます。

そこで、注文住宅で家を建てるなら、住宅施工業者との打ち合わせをしっかりと進めることが大切です。両者のコミュニケーションの有無で、家造りの進捗や仕上りに出てくるからです。したがって、両者の言い分をよく聞き、譲歩できるものや提案できるものを見極めていく必要があります。

特に施工主は住宅設計の素人ですので、無理のある要望になってしまう場合があります。そこで住宅設計に関して、ある程度の知識も必要になってくるでしょう。

 

失敗しない打ち合わせの方法とは

まず最初の段階においては、住宅会社が提案する仕様に耳を傾けることが大切です。施工主が作りたい家の要望を最初に話してしまうと、住宅会社の担当者にバイアスがかかってしまい施工主の希望に寄せた仕様になりかねないからです。

そこで、住宅会社が重視しているポイントを引き出すことが大切であり、施工主の希望は最後に伝えることがコツです。そして提案した要望に対して、どんなところに問題があるか聞くことをおすすめします。
プロの意見を介入させることで、独りよがりのアイディアが使えるものなのか分かるからです。

次に設計仕様のイメージを共有するためには、図面だけでなく具体的な絵や写真を使って映像化することが大切です。特に素人にとって分かりにくいところですので、疑問があったら遠慮なく質問をしたり、具体的な説明を受けるようにしましょう。曖昧なままで事を済ますと取り返しがつかない段階になって「話が違う」となり、トラブルの原因となるからです。

 

打ち合わせの際に注意すべきこと

新築における仕様に関する話し合いを進めるために、注意したいことは間取りの検討を早い段階から実施することです。家族構成や利用目的によって間取りが決まらないと、全体のスケジュールに影響してしまうからです。住宅会社のスタッフと綿密に連絡をとって、最終案が決まるように配慮しましょう。間取りさえ決まれば要求仕様やデザインを持って、住宅会社との話し合いにのぞむことができます。

こちらの要望を伝えたら、必ず先方の意見を聞くことが大切です。たくさんの施工例を手がけていますので、専門家の意見は素直に聞くことが肝要です。まだ出来上がっていない住宅の仕様を検討するためには、できるだけイメージを持つことが大切です。最初の段階は内装の様子を検討するためにハウスカタログを入手しましょう。

ある程度の目安をつけた段階でモデルハウスの見学会に参加すると良いでしょう。写真で見るとのと現物で確認するのとでは、イメージが異なるケースが少なくありませんので、是非、参加されることをお勧めします。

 

失敗しない注文住宅による家作りを成功させるためには、住宅会社との打ち合わせが重要であることを見てきました。その際にはプロである業者の提案を素直に聞き、その後、希望の仕様を伝えることが大切です。尚、住宅会社と施工主の双方でイメージを共有するために、絵や写真を駆使することも重要です。また要求仕様を明確にするためにもハウスカタログや見学会に参加する等して、具体的に提案できるになることも大切です。