茨城で注文住宅を建築してくれる評判の工務店ランキングをご紹介!【相場や口コミなど情報も掲載】

人気のある注文住宅のオプションって?

高価な買い物である注文住宅には、様々なオプションがあります。 せっかく住宅を建てるのですから、多少の出費は覚悟の上でより良く見えたり、機能アップを計る目的で選ばれます。 そこで、人気のあるものには、どんなものがあるのか、以下に事例を挙げながら紹介していきたいと思います。

 

注文住宅の人気の外回りオプションとは

せっかく建てた住宅ですから、見栄えを良くしたいと考えるのではないでしょうか。また防犯に対策にも力を発揮する外回りの設備にも注目してください。

外回りで最も目につくのが外壁でしょう。ポピュラーなものは、タイル張りの外壁です。メンテナンスが簡単で済む特徴があります。見た目の印象をガラッと変えますので、住宅にこだわりを持つ方は外壁にも注目する方がいます。 少し変わったタイプとしては、セルフクリーニングの機能を持った外壁もあります。これは外気の汚れなどで汚れにくく、水で洗い流されるタイプです。

見た目の良さを考えると木製サッシもお勧めです。 様々なタイプの外壁やインテリアに合わせやすい特徴があり、木製ならではの温かみや素材感が魅力です。 また、年数が経過しても味のある質感も楽しみです。 ただし、価格が高いのがデメリットですので、実際に適用する際にはコストとの兼ね合いになります。

 

注文住宅の内装オプションの種類は幅広い

内装設備は応用範囲が広く様々なタイプがあります。 ここでは代表的なものをピックアップしていきます。 内装ではキッチン周りが人気であり、便利に使えるオプションが多くあります。 但し、キッチンはこだわりを持つほど、仕様や設備の選択肢に幅がありますので、どんどん費用がかかるデメリットがありますので注意しましょう。

キッチンとダイニングテーブルが繋がっているタイプにすると、食事の準備や片づけが便利です。 お客さんを招いてごちそうするシーンでも、おしゃれな空間で食事を提供できます。 耳慣れない言葉かもしれませんが、キッチンにパントリーがあると料理空間がスッキリします。 食品や食器をまとめて収納できるスグレモノの設備空間です。

例えば、パントリーがあると買いだめしたり、非常食を備えることができます。 ただし、大きなスペースが必要な設備ですので、実際に取り入れるのか、もしくは他の方法を採用するのか住宅会社と相談することをお勧めします。

トイレ、洗面台、バスルーム等、手を加えたい内装の種類はたくさんあります。 したがって、たくさんの種類を取り入れようとすると、こちらもキッチンと同様にコストオーバーになりかねません。

 

大掛かりな暖房オプションも人気

注文住宅では、なかなか手を出しにくい暖房系の設備が用意されており、新築の際に合わせて取り入れられるケースがあります。 薪ストーブは、燃える炎の様子や見た目がインテリアとしてもフィットするため、リビングに向いています。 ただしスペースがあることや、換気がしっかりしていることも必要です。 見た目だけでなく煙突や壁の設備に費用がかかりますので、別途、見積もりをする必要があります。

暖房系でポピュラーなものに、床暖房があります。 一般のストープやエアコンと比較して、部屋全体に均一に温度が広がりやすいため心地良いといったメリットがあります。 十分広いスペースがあることが前提となりますので、実際の設置にあたっては、住宅会社とじっくり話し合う必要があります。

 

注文住宅を建てるなら各種オプションも見逃せません。 ここでは外装、及び内装のほか暖房系の設備をご紹介してきました。 多数あり全てを掲載できませんので、特に内装系ではキッチンに焦点を当てました。 特にキッチン系は、天井知らずのコストになりがちですので、どんな設備にこだわりがあるか明確にする必要があります。 また暖房系では、大掛かりな設備として薪ストーブと床暖房をご紹介しましたので参考にしてください。 広めのスペースがあると設置しやすく、家族みんなが集まるリビングに最適です。