茨城で注文住宅を建築してくれる評判の工務店ランキングをご紹介!【相場や口コミなど情報も掲載】

注文住宅では害虫対策を忘れずに!

注文住宅を建築した後、コバエや蚊・ゴキブリといった害虫を家の中に入らせないようするのが大切です。

外から虫たちが侵入するのは窓や玄関などが多く、一日中閉めておくことはできないので何かしらの対策が必要になるでしょう。

注文住宅の場合庭になっている場所もあるので、虫が入りやすいようになっています。

今回は虫の侵入を予防する方法を紹介します。

 

定期的に点検したりメンテナンスが大切です

外から虫が侵入しないように窓に網戸は必需品です。

網戸のない家は少ないですが、網戸は一般的な窓の場合、窓ガラスの右に設置するのが望ましいと言われています。

網戸が左にあると窓ガラスの間に隙間ができ、虫が侵入することがあるからです。

網戸があるのに家の中に虫が侵入することがありますが、そのような場合は網戸の位置を確認すると良いでしょう。

直接網戸にスプレーする網戸用の虫除けスプレーも効果があります。

定期的な網戸の点検やメンテナンスも重要で、編み目がほつれたり破れているなら、その場所から虫が入るかもしれません。

ほつれや破れなどがないかを時々確認すると安心です。

ほつれや破れなどを見つけたなら、修繕してみたり網戸自体を交換します。

ホームセンターや100均一を利用すると、網戸の部分修理道具などがいろいろ取り揃えられています。

 

虫除けに効果があるハーブを置いてみましょう

虫がやって来ないような環境作りも大切です。

例えばベランダがあると鉢植えを置いている人もいますが、鉢植えなどに水が溜まっていると蚊やコバエなどが発生するかもしれません。

水のあるバケツをそのまま放置していたり、空き缶の中に雨水が溜まっていると害虫が発生するので注意が必要です。

特に蚊やコバエなどは水のある場所に発生しやすく、水たまりができないよう気をつけておくことと良いでしょう。

ベランダなどにハーブを置くのも効果があり、特にベランダが害虫の発生源になっているなら、虫除け効果があると言われているハーブなどを置くと効果的です。

虫除け効果があるハーブにはペパーミントやハッカ、タイムやローズマリー、ラベンダーやゼラニウムが良いでしょう。

 

虫が近づかないよう工夫しましょう

ゴキブリなどもベランダにやって来ることもあり、ハーブを置き網戸を設置するとある程度部屋への侵入を阻止することが可能です。

それでも少しの隙間から家の中に侵入することもあり、ゴキブリを1匹でも見つけたなら置きエサタイプ殺虫剤を置くと良いでしょう。

置きエサタイプは巣や卵なども全滅してくれるので根本的な原因を除去することが可能です。

虫には光に寄ってくるという性質があり、暗くなってきたら窓はもちろん雨戸を閉め光が外に出ないようにすると効果的です。

雨戸がないならカーテンを閉めると良く、遮光カーテンがあるならさらに良いでしょう。

LEDに交換するのも良く、基本的に虫は紫外線に反応し集まる習性があります。

LEDは紫外線がなくその分虫が集まらないようにすることが可能です。

尚、虫の種類によってLEDでも近寄って来る種類もあるので注意しましょう。

注文住宅には庭がある家も多く、芝生や草木があると虫が現われます。

近くに緑のある公園や川があると虫が発生し、家にやって来る確率が高くなるものです。

網戸はもちろん窓も虫除けスプレーをまいておき、近づかないように工夫することが大切です。

いろいろと工夫することによって、家の中への虫の侵入を予防することができるでしょう。

 

害虫対策として網戸は必需品で、窓ガラスの右に設置するのが良いでしょう。

虫がやって来ない環境作りも大切で、鉢植えなどに水が溜まっていると蚊やコバエが発生するので注意が必要です。

ゴキブリには置きエサタイプの殺虫剤がよく、いろいろと工夫することで虫の侵入を防ぐことができます。

サイト内検索