茨城で注文住宅を建築してくれる評判の工務店ランキングをご紹介!【相場や口コミなど情報も掲載】

ペットにも住みやすい注文住宅を建てよう

注文住宅を建築する際に、ペットが住みやすくなることを考えた場合、どんな点に注意をするでしょうか。室内飼いが一般的ですので、生活動線に配慮した間取りや設備も気になります。また飼い主も動物も住みやすく個々の特性を考慮した場合、注意すべきポイントをまとめますので参考にしてください。

 

ペットと暮らしたい人が考えるポイントとは

ワンちゃんやネコなどと一緒に暮らしたくても、集合住宅では規約や環境から飼うのが難しいケースも多々あります。もし注文住宅を建てるなら、居住者の裁量で間取りや設備を決めることができます。

そこで、動物たちと人とが心地よく過ごせる空間を作ってあげたいと考える方もいらっしゃるでしょう。なにしろワンちゃんやネコは、毎日一緒にいる愛玩動物ですから、飼い主も動物も双方が納得できる空間作りをしたいところです。

環境作りの観点から言えば、運動できるところも欲しいですし、動きのパターンに合わせて動線をうまく作るのがポイントです。特に、人の関わりで不便な点がないか、動線について予めシミュレーションを行っておくと役立ちます。

注目すべきポイントは、散歩やお出かけで室内から室外へ出るときと、室外から室内に戻るとき等が一つです。次に飼い主が在宅と不在の時の過ごし方を考えてみると、便利な空間作りの参考になります。

 

ペットと同居する注文住宅に求められる機能

ワンちゃんやネコについて、普段の室内空間のサポートを忘れてはいけません。爪によるフローリングのキズが気になるならコーティングの検討をお勧めします。

また滑りすぎて移動しにくい場合もありますのでマットを配置するなどの配慮も必要になります。

また抜け毛は目に見えなくても、あちこちに飛んでいる場合もありますので、クリーニングを検討しましょう。最近は自走式の掃除ロボットが便利ですので、活用すると便利です。ただし、動作音が気になる動物もいるようですので、注意したいところです。

呼吸器系に問題がある方がいらっしゃるなら、空気清浄機を合わせて利用すると効果的です。ワンちゃんやネコのトイレについて、ニオイ対策も重要です。食事やくつろぐ場所とは、切り離された空間に配置したり、消臭装置を配置する設計にすると良いでしょう。

 

注文住宅ならではのペット用間取りと設備

飼い主が在宅しているときは、散歩に行く機会もあるでしょう。その際、室内から室外へ連れ出す際に、効率よく準備できるような工夫がなされていると便利です。もし可能であれば、動物用の玄関を用意し、ゴミの処理や足洗いができる空間があることが望ましいと言えます。

さらに散歩に必要なグッズも玄関先で全て準備できる間取りにしたいところです。なにしろ散歩は毎日のことですので、散歩に出かける時や戻ってきた時に、一連の用意や片付けの作業が、効率よくできていることが求められるからです。

また室内飼いですと留守番が多いことも多く、動物が運動不足になりがちです。その対策の一例として、ネコの場合ならキャットタワーを設置したり、室内を動き回れるキャットウォークを作るなどして上下の動きを可能にします。ワンちゃんなら屋上階にドッグガーデンのように自由に走り回れるエリアを作って上げることがポイントです。

とにかく動物が住みやすい環境整えるのは、飼い主の責任でもありますので、しっかりと考えておきたいところです。

ペットと一緒に住みたい飼い主が、注文住宅を建築するなら、動物と人間の双方がともに心地の良い環境になるよう配慮することが大切です。ワンちゃんであれ、ネコであれ室内飼いが主となっている現代では、居住空間で配慮すべきポイントがいくつかあるからです。ペットが住みやすくなるためには運動不足の解消や抜け毛対策などの他、消臭対策など間取りや設備を工夫する必要があるでしょう。特に住居の中で運動できる設備を配置できると望ましいと言えます。