茨城で注文住宅を建築してくれる評判の工務店ランキングをご紹介!【相場や口コミなど情報も掲載】

注文住宅を売却することは可能?

多くの時間を費やして苦労して注文住宅を建築した後、何かしらの理由で売却するケースがよくあります。

その際に、独自性の非常に強い住宅をスムーズに売却することが可能か否かということが、重要なポイントになります。

間取りが独自であると売りにくい面があります

注文住宅を建築することの利点のひとつは、自分の希望通りの間取りにすることができる点と考えられます。

しかしながら、売り払う際に自分独自の間取り自体が致命傷になることがあります。

ひとつの例として狭小の宅地においてむりにはめ込んだような間取りであったり、或いは30坪の敷地において1LDKを建築することがあります。

住宅購入にあたってユーザビリティーはとても大事になります。

要するに、広い範囲の層に好感を持たれる間取りとそうではない間取りが存在します。

場合によっては、壁を設定するとファミリーの会話がなくなるので壁無しの間取りで建てるケースがありますが壁がなければプライベートが確保できないので敬遠されると考えられます。

自分自身が良いと実感しているものが他の人から見た場合使い勝手が悪い印象を与えてしまうことがあります。

入手時に高額のケースでは売りにくいといえます

土地購入費がとても高く、上物に関してもRCの状態で高級意匠であれば、商品価格が高額になります。

以上のような物件の主な特徴として額面が割高になります。

販売の時の購入に関する費用に相関関係を持って売出しなければならないという状況なら、中古から考えれば高い金額設定になります。

トップブランドの製造メーカーが施工していることがアピールポイントになることもありますが、原則として中古相場よりも高額の価格設定になることが少なくないので売り出しをするケースでは周辺相場がいかほどなのかチェックしてから販売をスタートさせるようにしましょう。

あらためていうまでもなく、中古の販売価格が高いほど成約する確率は低くなってしまいます。

郊外の高額物件は売り難いというデメリットがあります

土地そのものが安価な郊外において注文住宅を建築して、事情があって売却というケースも気をつける必要があります。

地域ではニーズがある価格帯というものがあります。

そして、ビルダー系、或いは中小系統の建売によってあふれています。

事によっては1000万円台の状態で新築が入手できてしまう場所もあります。

そうした地域で異なる物件と張り合うとやはり建築の時に金銭をかけたわりに売却できないという状態を生み出します。

それに加えて、人口減にともなって住宅が人気を損なうと言われて久しいですが、現実に郊外において物件をセールスしてみるとわかりますが反響の総数が都心部と異なってきます。

知名度のある製造メーカー施工の物件の場合でもその売り値から苦戦しますので気をつける必要があります。

 

注文住宅を建築する際に近い将来の譲渡のことまで心から考えている方は少数派と考えられます。

しかしながら、後々にライフスタイルが多種多様に変化し、家屋の売却を考慮しなければいけない場合が出てこないとも言い切れません。

ひとつの例として、長期にわたって暮らしているうちに子が巣立ったり、親と同居せざるを得なくなったりでファミリーの構成そのものが変容したり、転職並びに転勤によって仕事の周辺環境が異なったりというような理由により、住宅と実質上の日々の生活がマッチしなくなって建物を譲り渡すことを考察せざるを得ないようなケースがあります。

自分自身の生活サイクルや個人的な趣味などにあわせた家づくりができる住宅は、一戸建てに憧れる方なら一度くらいは憧れる夢のマイホームといえます。

しかしながら注文住宅は自分自身で暮らすには最高レベルの居住空間となりますが、こと譲渡するとなると値付けが悪くなってしまうことが珍しくありませんので注意が必要といえます。

サイト内検索